伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

NO52 京セラフィロソフィを読んで ダブルチェックの原則を貫く #Follow Me #経営

ダブルチェックの原則を貫く

特に金銭関係や物品の管理においては、複数部門や人が関わる
ダブルチェックを徹底し、ミスや不正を未然に防止する体制にして
おかなければなりません

誰しも出来心ということがあります。そのような隙を作らないために
マネージメントをしっかりとしなければならない

代表者印も同様にダブルチェックすること

自社においては
物品の管理体制に手落ちを感じました
仕入れ業者さんを信じすぎていないか
ミスはつきものですから社内で手間でも
チェックは必要ですね

  1. 2014/10/03(金) 18:30:09|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO51 京セラフィロソフィーを読んで 一対一の原則を貫く #Follow Me #経営

一対一の対応の原則を貫く

ものごとを処理するにあたっては、どんぶり勘定でとらえるのではなく、
一つ一つ明確に対応させて処理することが大切です。

お金が動こうと ものが動こうと、それは必ず伝票がついてまわるというのが
経営の鉄則です

特例を設けない
企業の透明性を高め、不正を防止する
利益率の変動をみれば、一対一の対応ができているかわかる

この項目は私たちが扱っている「伝票」という商品の価値を適正つに
行っていただいており、私たちがお納めする「伝票」に誇りを持つ
ことができます。


  1. 2014/10/02(木) 18:28:17|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO50 京セラフィロソフィを読んで 製品の語りかける声に耳を傾ける #経営 #followme

NO50 製品の語りかける声に耳を傾ける

問題が発生した時や、仕事に行き詰ったときには、その対象となる
ものや、事象を
先入観や偏見を持つことなく、真剣に、謙虚に観察し続けることです

ロスを当たり前にしないこと
発明、発見は観察力のたまものです
機械の鳴き声を敏感に聞き取ることが大切です
 この感度が、危険を予知するために非常に大切です
調和の感覚のない人間に不良や異常は発見できません
 だから整理整頓、清掃を徹底的にすることで
 この感覚が研ぎ澄まされることが必要です

当社においては
工場においてのロス紙を究極に減らすんだという意識にまで.達してはいない
ので、観察がなされていないし、ほどほどにしかロス紙対策はなされていない
状況です。
今後、ひとりひとりにロス紙を究極にへらす意識づけが大切です

工場だけでなく、営業部門においても同じことがいえるとおもいます
さらなる発展のためには、明確な意識づけから問題意識を芽生えさせ
一生懸命にお客様の話から観察することが必要ですね












  1. 2014/10/01(水) 11:31:29|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO49 京セラフィロソフィを読んで 手の切れるような製品を作る 手の切れるような会社をつくる 六波羅蜜

手の切れるような製品を作る
製品には作った人の心が現れます
完璧な作業工程のもと一つも不良品を出さないように
全員が神経を集中して作業にあたり、
一つ一つが最高の品質の完璧であな製品作りを
目指さなければなりません

これは、製品だけではなく社員の立ち居振る舞いに
対しても言えることです
社員の立派な振る舞いを通じて、社風にも品格が備わり
いわば手の切れるような会社とならなければならない

「六波羅蜜」を修行せよ
1、布施・・・「世のため人のため」利他の心
2、持戒・・・戒律をまもる(六大煩悩を抑える)
 六大煩悩とは
 「貧(とん)」食欲、性欲、名誉欲
 「瞋(しん)」怒りにまかせて勝手な振る舞いをし、周りに迷惑をかける心
 「痴(ち)」無知なあまりしょっちゅう不平不満を漏らし、うまくいっている人を
 見ると面白くないと妬む、卑しい心
 「慢(まん)謙虚さを忘れ傲慢になっていく心
 「疑(ぎ)」疑い深いこころ
 「見(けん)」物事をすべて邪にみる、悪いほうに解釈する心
3、精進・・・一生懸命働く 「誰にも負けない努力」 修行
4、忍辱(にんにく)・・・耐え忍ぶこと
5、禅定・・・座禅をくむこと 心をしずめる時間をもつ
6、智慧・・・5つのことを心がけているとやがて
       森羅万象を支配している宇宙の根本原理をしる
       悟りにいたる
人生の方程式の中にある「考え方」をすばらしいものに高めるために
「六波羅蜜」で心を磨いていく、心を磨いていけば会社は勝手に立派になる
それよりも、その作り上げていく過程で磨きあげた自分の人格、人間性こそが
皆さんにとって財産になります 

      

  1. 2014/09/30(火) 11:46:38|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO48 京セラフィロソフィを読んで 現場主義に徹する

現場主義に徹する

ものづくりの原点は現場にある
営業の原点はお客様との接点

「現場は宝の山」絶えず現場に足を運ぶ

勉強して身につけた知識と現場で実際にやってみて得た経験を
合わせて「できる」といえる

自分を振り返り
入社して先代から命じられたことは、工場で印刷することでした。
教わりながら自分で印刷していくうちに機械の構造、紙のこと
生産性を肌で感じることができるようになったと思います
営業に出ても お客さんの細かな要望に応えることができました
ここをこうすれば安くできますとか、こんなミシンを入れることが
できますよ・・・結構相談していただけるようなりました
今でも工場にできるだけ足を運んでいます
そして、社長に就任してからは、
どのようにして新規の顧客獲得をするのかいろいろとためして失敗の連続でした
伝票以外のビジネスにも手を出しましたがうまくいきませんでした
日創研で学びながら、コツコツと自分の強みを生かすことだけに
一生懸命になりながら、HPを立ち上げ販売チャネルをつくることだけに
専念し、PDCAサイクルをコツコツと廻し、数字をにらみつけながら
なぜ目標を達成しない?どうしたら達成できる?
学んでこれを実行すれば、問いかけも変わり、前に進みだします
ただ、4年で達成すべきところを8年かかったのはなぜだろうか?
次々に疑問、問題が浮かび上がります

  1. 2014/09/29(月) 12:56:19|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR