伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

69 伝票工房のとんちゃん奮戦記

昨日 ある経営者の勉強会に 参加してきました

今回は 飲食店を複数店舗経営されている尊敬する経営の先輩の講演でした

若いときはやんちゃをされていたそうですが 

あるきっかけで  自らの使命感 経営の目的に 気づかれた方で

とても 穏やかな表情で 人の強さを醸し出されていました

経験に裏打ちされた話は 迫力が ありました

潜在化した問題について考え この問題を解決するために

師を持ち 情報を収集すること

自社の強みを知り 新しい販売チャネルを構築すること

人材の採用と定着 育成をすること

誠実と熱意をもって 顧客ニーズに沿うこと

組織力を発揮できるように 理念と方針をもつこと

とくに 自社の活動の中で 全社的に 方針を立てることの重要性を

説かれていました

当社も頑張っていますが まだまだ 道 半ばです

 



  1. 2014/02/26(水) 16:23:45|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

68 伝票工房のとんちゃん奮戦記

最近は 月2~3冊本を必ず読むようにしています。

現在は 神田昌典氏の不変のマーケティングを読み始めいています

どんなにいい商品を作れても マーケティングができなければ

商品は売れません。

神田さんが 「小さな対応の差で決まっていく」ことの事例を挙げられて

説明されています

この小さな対応の差は 「自分がお客様だったら 何をされたらうれしいか」を

考えることに始まると述べれています

まったく そうですね 自分自身も 店の人の態度が良かったから 

また行く気になりますから 

それって そんなに 大したことをされているわけでもないですけど

とても うれしかった そんな思いがそうさせるのでしょうね
  1. 2014/02/25(火) 11:18:10|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

67伝票工房のとんちゃん奮戦記

ある方からのメールで 経営で大切なこととして

「一以て 之を貫く」(いつもって これをつらぬく)

これだと決めて 経営をすることが 肝要だという意味です

私も 8年前に WEBしかない これを ビジネスモデルにすると

決めて やり始めましたが 当時 目標達成に 7年かかるとは

また 7年でできると 自信はなかったですね

本を何冊か買い セミナーを受講したところから始まり

人との出会いが あったればこそです。

偶然の 連続だったように 今は 感じています

自分の力だけではなく 周りの援助があればこそだとおもいます

感謝ですね

決めて いろいろと 努力をするうちに すこしづつ 変化が

起こり始め つもり積もって 結果が出始めた そんな8年間だったですね

これで 終わりではなく これからも やり続けます。


  1. 2014/02/20(木) 14:53:17|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

66伝票工房のとんちゃん奮戦記

最近 ランチェスター戦略を再度ひも解いています

弱者の戦略をいかに立てるか 

小さなNO1をどれだけ作れるのか

(1位と2位の差を1.7倍つけないとNO1とは言わない)

わが社は 伝票、伝票印刷で検索上位に位置し、リスティング広告を

行っています

WEB上で伝票印刷会社で表示回数でNO1といえます

お客様の立場で言えば よくあるなぐらいかもしれませんね

私たちが目指しているのは お客様への対応力です 

どこにも負けない NO1の素晴らしいものに したいと願っています

見積ソフトを使いこなし、DTP制作スキルをもち、社内打ち合わせも

こなせる女性スタッフが 営業応対ができる

営業、制作、工務、営業事務の一体化により 

お客様への対応力、スピードを強化をはかり サービス向上にチャレンジしす
  1. 2014/02/14(金) 15:01:35|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

65伝票工房のとんちゃん奮戦記

今後の事業展開とeコマースの活用方法を研究中です

今年(2014年度)は ヤフーショッピングへの出店を準備しています

より広いお客様に 商品提供できるように 考えています

まずは やってみる!!! やりながら 改善していくこれしかないですね

ライバルは どこ? どのように 展開しているか?

顧客ターゲットはどこ? どんな伝票をどれだけ? どのように?

3月には 出店するぞ!!!

そして 次へと

また、フェースブックでどんな展開ができるかな?

考えるって 楽しいね!!!
  1. 2014/02/13(木) 15:25:05|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

64伝票工房のとんちゃん奮戦記

天風哲学で 

「絶対的積極」とは がむしゃらに邁進することではなく

雑念、煩悩、我執から離れて 超越した状態。

野球で言えば 何が何でも打ってやろう、と決めてやろうという状態から

無心にボールを打つ状態。

指導者、リーダーとして 「自らには処して超然、人には靄然」

自分には厳しく 他人には 寛容さが必要。

言葉が 深いね 
  1. 2014/02/12(水) 15:19:42|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

63伝票工房のとんちゃん奮戦記

商品ごとの原価計算を実施してみて

利益の出ている商品とそうでない商品に分類しています

以外に利益に出ている商品がわかり 今後 価格の見直しを

計り より多くのお客様にご利用いていただけるようにしていきます

逆に 問題のあるものも出てきました

NOリングの付け替え作業に時間がかかりすぎて 時間当たりの生産性が

極端に悪いことがわかりました

今後はやり方を変えて対応していきます

一つ一つを見ていくことで 実際と計算との違いが浮き彫りになってきました

一人あたりの粗利益目標を達成するには 一つ一つ改善していかないと

達成できないと気づかされました 
  1. 2014/02/07(金) 16:00:33|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

62伝票工房のとんちゃん奮戦記

昨日から 商品別の原価計算をしています

決算書等からわからないことを見つけるためです

自社の強みは何か 弱みはなにか 

当社は 伝票のみですが 仕様 ロットによって 利益性が異なります

何が 見つかるかは やってみないと わかりませんが

やらなければ なにもわからないですから

たとえば 1商品の粗利益がたかくても 述べ時間がかかっていれば 時間当たりの

粗利益は低く もとも子もないのか 

それはそれで 帳尻があっているのか 

そう言った商品は 生産工程の見直しが必要であることは確かです

いい会社にすること より多くのお客様により多くの満足を提供すること

のためには必要な作業だと思っています

でも こういった地道な作業ができるのも スタッフの成長のおかげですね

どんどん自分の仕事を 見つけないと 私は 社内 失業者ですよ
  1. 2014/02/06(木) 17:47:43|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

61伝票工房のとんちゃん奮戦記

人材活用について 荻生徂徠先生のお言葉

八代将軍・吉宗に政治助言をおこなった儒学者の荻生徂徠(おぎゅう・
 そらい)は、『政談』の中で、人材起用法を詳しく説いている。

  

  ●人の才能、器量は、まず使って見ないとわからない。見かけだけで
   判断するな。

  ●人物を判断する時には長所だけを見ればよい。短所を知る必要はな
   い。

  ●自分の好みに合う者だけを使うな。

  ●やらせてみて小さな失敗をくどくどいうな。大局に立って、与えた
   仕事をこなせているかどうかを見ろ。

  ●その人物を使うからには信頼して、仕事を十分に任せろ。

  ●部下からの意見は封じ込めずに耳を傾ける度量を持て。意見を聞く
   際に、「お前は何も分かっとらん」と説教や論争をするな。

  ●使える人材というのは、一癖(くせ)も二癖もあるものだ。それを敬
   遠して癖を捨てさせるな。

  ●こうして上手く人材を使えば、適材適所、時代の要請に応える人物
   は必ず見つかる。

  そうすれば、「聖朝に棄物なし」(「世の中には余計な人材は一人とし
 ていない」唐の詩人・杜甫の詩の一節)という境地に至る。
 
 まだまだ とんちゃん未熟なり!!!

  
  1. 2014/02/04(火) 14:31:42|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

60伝票工房のとんちゃん奮戦記

今日は モトヤ㈱さん主催の展示会に 行ってきました

展示品としては 和紙のクリアファイルが気に入りましたね

高級感があって とても いい感じです。

販売促進商品の使われてはどうでしょうか?

 「印刷会社が今求められていること~お客様は待っています~」

        感動会社楽通 代表 田村 慎太郎氏

小冊子が非常によくまとめられていました。これまでの体験を通した

講演ですから聞きごたえがありましたね

100枚15000円の名刺は いかに付加価値をつけることが大切かを

気づけるものではないでしょうか


  「年商3億円までの印刷会社さんへ」

       淡路印刷㈱ 真野 貴司 氏

淡路島のエリアで活躍されています。年間100社を新規開拓されています。

営業ツール開発と管理体制に 力を入れられ お客様の販促で

結果を大切にされていますね

お二方とも行動することで結果を作り出されていますね
  1. 2014/02/01(土) 16:11:29|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR