伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

94 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで NO11
 第1章 すばらしい人生をおくるために
 3 正しい判断をする
   利他の心を判断基準にする
    周りの協力が得られる 視野が広くなるので
    正しい判断ができる

  人間は考えるときに、
   自分の都合がいいことなのか悪いことなのか
   自分の会社が儲かることか儲からないことか
   自分中心に判断しがちで周りに迷惑かどうか
   ではない欲だけの心には、見えるものも見えない
  大善の功徳と小善の罪
   小善とは 目先のことしか考えずに相手に施そうとする善行
   大善は非情ににたり 相手のための厳しいことを施す善行
  利他の心で見れば 儲け話のうらまで見通せる

自分に置き換えれば 
   商売においては、どうしても 儲かるかどうかは判断基準になりますが
   他社から比べて 同じ商品同じサービスでお客様に
   とって不利益になることは絶対に避けなければなりません
   
   それと他人からいわれる儲け話は怖いですね
   まず 本業以外では知識・経験がないのでやれません
   どの業界もその道のプロがいますから そのプロに勝てる
   だけの知識・経験を積む時間が惜しいですね
   自分が儲けられる知識を持ってたとして何の見返りもなく
   教えませんし、相手のリスクを自分が負えないですよ
   利他のこころで相手自身をみるとだいたい 言っていることと
   やっていることが違いますよね 言動不一致ですから
   さらに付け加えると 数字的にもあわないところが出てきますよ  
  1. 2014/07/31(木) 11:40:00|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

93 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィをよんで NO10

第1章 すばらしい人生をおくるために
 常に創造的な仕事をする
  一生懸命仕事に取り組みながらも、常にこれでいいのかと
  毎日毎日考え、反省し、そして改善、改良していくことが大切です。
   ボタ山を宝の山に 3Mの事例
    騙されて買ったボタ山から 「この石を何とか使えないか」
    サンドペーパの発明につながり
    サンドペーパの開発で必要だった粘着剤の技術から
    接着テープ 絶縁テープ 医療テープの開発につながり
    磁気テープの製造につながります
    「初めから特別な技術があったのではなく、何とか利用しようと
    思ったところから 次々工夫をくりかえしたことで3Mができあがった」

自分に置き換えてみると
 時代の流れとともに顧客戦略がミスマッチした中で 価格競争の
 渦中にいた15年前から 「何とかしなければならない」と
 もがき苦しんでいた時代を思い出します
 異業種に進出して失敗したりした末に ネットでの販売に行きあたり
 ネットで自社の強みである伝票販売を開始しました
 あとから気づけば なぜそこに 初めから行き着かなかったのか
 不思議ですね
 その中で マネジメントサイクルを実践すること (フィロソフィに
 書かれてある常に良くしようと考え改善をしていくこと)
 習慣ついて 小さな改善、改革を毎日毎日していくと 1年経つと
 目に見えて変化がわかるようになります
 (ここまで来るとおもしろくなります)
 数年前までは顧客データを探していたな 人が代わり 管理が進んで
 今ではすぐに見つけることができます
 ミスしたことは チェックリストに記録して 毎週木曜日に読み合わせを
 することで 再発防止をするようにしています
 いろいろと この10年で変えてきました
 最初は 出てきた問題を 日々 改善することから 始まり
 1、2、3、・・・年先を見据えた 改善、改革をすることに
 取り組み始めています
 しかし 3Mのように 商品開発ができていないところに
 わが社の課題がありますね
 ただし 自分の領域からで戦うにはあまりにリスクがあります
 そこには そこに精通したライバルがかならずいますから
 あくまでも 今までに培ったノウハウが生かせる領域でなければ
 なりませんね
  1. 2014/07/30(水) 10:32:00|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

92 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィをよんで NO9

第1章 すばらしい人生をおくるために
 知識より体得を重視する
 「知っている」ことと「できる」ということはまったく別です
 知識として言っている場合と実体験を通じて言っている場合
 を分けて聞く必要がある

自分に置き換えると
 自社が改善できつつある大きな要因にマネージメントサイクルを
 回しつづけたことがあげられます
 研修で学んだつもりでもなかなか定着して社内で活用することが
 できないありさまでした
 先輩経営者から一喝されやっとわからないなりにも始めることが
 できたことを思い出します
 マネージメントサイクルを月単位でまわしながら 現実と計画に
 毎月誤差が生じなかなか解決できない日々がつづきました
 極端にいえば 売り上げをあげる 新規顧客をかくとくする 
 では何の具体的行動性もありません
 当社のホームページを何人の人が訪れているのか
 ホームページをみて 見積もり依頼してくださるのは何人なのか
 電話対応はよいのか
 見積もり価格はご納得いただけるのか
 見積もり提出ごの対応はどうすればいいのか
 受注後の対応は大丈夫か
 納期はご納得いただけているのか
 商品が無事納まったのか
 商品に納得いただけたのか
 次回もご注文いただけるのか
 他の商品もご注文いただけるのか
 こと細かく 数値を取り それぞれをどれくらい高めることが
 どのようにすればよいのか
 参考になることはないか
 たとえば ホームページに私の写真とコメントをはじめに出すことなど
 具体的に決めて一つづつ改善し始めたところから変化が少しづつ
 生まれてきたように思います
 
毎日毎日 少しずつ改善することで 変わりつづけられた
 月単位が週単位になり 日単位にサイクルが短くなってきたことも
 ありますね 
変わり始めると変わることが面白くなるのではないでしょうか

 
  1. 2014/07/29(火) 09:25:56|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

91 伝票印刷のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィをよんで NO8

第1章 すばらしい人生をおくるために
 バランスのとれた人間性を備える
  何事にも常に「なぜ」という疑問をもち、これを論理的に追求し
  解明していく合理的な姿勢と、誰からも親しまれる円満な
  人間性を併せ持つ

わが身に置き換えれば 
  より迅速にお客様によりきれいな伝票をお届けするか
  より多くのお客様に支持されるにはどのように
  マーケティングするか
  マーケティングの費用対効果をいかにあげるか
  トライアンドエラーを繰り返しながら追求しなければなりません
  数字ばかりをみて 人間味を後回しにすれば
  社員さんのことを顧みなくなります
  私の成長をはかり 社員さんの成長の手助けをし
  お客様に貢献できるチームを作らなければなりませんね
  思いやりと 厳しさを バランスよく持つには
  小さなことにも感謝でき 明るく元気にふるまい
  常に前向きな言葉を使い
  常に熟考することが求められます
  厳しいけれど愛されるリーダーが理想ですかね

  1. 2014/07/28(月) 11:32:04|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

90 伝票印刷のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで NO7

 第1章 すばらしい人生をおくるために
本音でぶつかれ
 責任をもって仕事をやり遂げていくにはお互いに
 勇気をもって建設的に互いの考えをぶつけていく中で
 信頼関係もうまれより良い仕事ができるようになる

自分を顧みると
 本音でぶつかっているとは言い難い
 相手が自分をどうとるか 相手の顏色をうかがうことが
 多いようにおもう 
 相手を信頼してぶつかる勇気に欠けていた
 それと 相手を受け入れる度量ににも欠けているのではないかな
 それでも 嫁さんとだけは本気でぶつかって入るけど
 たびたび 敗戦ですけど (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 
  1. 2014/07/27(日) 13:37:05|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

89 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで NO6
 すばらしい人生をおくるために
良い仕事をする
 リーダーとして 高い位置にいるだけではなく
 率先垂範して 先頭を切る勇気を持つ
 自らを追い込む 常にこれ以上後にひけないという
 精神状態に自らを追い込むことで驚くような成果を 
 生み出すことができる 安心立命の境地
 土俵の真ん中で相撲をとる

このことをとんちゃんに置き換えると
 うまくいっている時に 自分を追い込んでいるのだろうか
 まだまだ 追い込んでいるのには思えません
 資金的には 余裕ができ始めたら すぐに預金額を
 増やしたことぐらいだと思います
 おかげで売り上げが急に落ち込んだ月も資金繰りに
 困ることはなくなりました
 しかし
 1、新規開拓の件数が昨年対比で20%ダウンに
   対して有効な手立てが見つかっていない
 2、リピーターへの販促計画が弱い
 3、閑散期の対策が不十分

伝票工房 伝票印刷のことなら伝票工房
  http://www.denpyo-koubou.com

  
  1. 2014/07/25(金) 11:02:05|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

88 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで NO5
すばらしい人生を送るために
 自ら燃えるために
  仕事を好きになり 明確な目標をもつ
  責任感と使命感をもつ
 物事の本質を極める 
  完全主義を貫く 真面目に一生懸命仕事に打ち込む
  地味な努力を積み重ねる

とんちゃんに置き換えると
 2代目として 先代である亡父がはだか一貫から築いてきた会社を守り成長させること
 そして ともに働いてくれている社員さんの生活を良くすること ともに成長すること
 そのためには 伝票印刷を通して 社会にお客様に貢献することなんです

 伝票は 記録媒体であり ものことの確認 流れを相互の関係者のために
 記録・保管する重要な役割を担っています
 こんな紙切れと思っていても 何か事があると 伝票で確認する必要性が発生します
 伝票のやり取りがないと 取引は成立しません
 だから お客様に 必要な伝票を必要な時までにお届けすることには
 重要な価値があります
 まだまだ 物事の本質を究めたとは言えませんが
 すこしでも 近づけるように 頑張るだけですね伝票
  1. 2014/07/24(木) 10:32:55|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

87 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで NO4

第1章 すばらしい人生をおくるために
2、より良い仕事をする
 地味な努力を積み重ねる
 偉大なことは最初からできるのではなく、地味な努力の一歩一歩の
 積み重ねがあってはじめてできることをわすれてはいけない
 日々の創意工夫が地味な努力の積み重ねを支える
 創意工夫の精神を持ち続ける

私を顧みれば 
日本創造研究所の研修でも 積小為大 と教わっても
なかなか 実感できない時が ありました
目標を設定しても かけ離れた目標になっていた時期でもあります
どうしたら このギャップを埋めることができるのか
ホワイトボードに 書き出しては消し 書き出しては消ししていました
その中で 細分化していないので 具体的アクションがぼけていることに
気づき 具体的アクションが明確になる 数値管理ができるまで
細分化し 実行性と継続性をあげることで マネージメントサイクルを
廻すことができ始めたことを思い出します
しかし、現状においても よりお客様から 伝票工房がいいんだ
というところまで差別化できていませんし 社員さんへの物心ともなる
豊かさも実現できていません
生産性の向上 閑散期に対する対応 
広告宣伝費の費用対効果性の改善
WEB2.0からWEB3.0への対応
新商品開発 業務の改善とIT化 
これらを行う 人材の育成 および責任と権限の委譲
やるべきことは山積ですから まだまだ 成長の余地はあります
一つ一つ しっかりと計画をたて 焦らず弛まず 実践するだけですね
 
  1. 2014/07/23(水) 10:36:04|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

86 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで

第1章 すばらしい人生を送るために
2、より良い仕事をする
仲間のためにつくす ことが基本 利他の精神で 
まじめに 一生懸命に仕事に打ち込むことで
真の喜びを得ることができ
その人の人間性が向上し、人格が高まり、心を美しくする 

自分においては、2000年に大阪JCを卒業して
美秀印刷を 如何に経営すればいいのか わからない状況で
苦しんだことを思い出します
あの時の苦しみは 忘れることができません
でも 逃げずに 真面目に 一生懸命に仕事に打ち込むことで
局面を打開することができたこと 
そして その苦しみの中で
多くの出会いがあいがあり 援助を受けたこと 
そして 感謝の念を抱けたこと
これが 私の喜びの実体験です
それと 同時に 自分自身も この恩を 社会に返すことができれば
と考えれるようになったことも大きな自己成長だったなと感じています 
  1. 2014/07/22(火) 13:08:53|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

85 伝票工房のとんちゃん奮戦記

京セラフィロソフィを読んで

第一章 素晴らしい人生をおくるために
1心を高める
素直な心をもつ
 素直な心とは、自分自身のいたらなさを認め、そこから努力すると
 いう謙虚な姿勢

 私自身を顧みれば 小賢しい知識を 振りかざして 自分を正当化する
 ことが 多く
 また 意見の違う人を威圧して 従わせようする傾向が強いと反省しています
 自分の傾向を認識しながら とにかく人の話を 
  
 聞く  訊く  聴く 
 
 ことを心がけ 「足るをしり」 利他のためにつくせるように 
 精進をする
 人生 一生修行 と考えています
 

  1. 2014/07/21(月) 09:17:13|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (62)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR