伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

NO49 京セラフィロソフィを読んで 手の切れるような製品を作る 手の切れるような会社をつくる 六波羅蜜

手の切れるような製品を作る
製品には作った人の心が現れます
完璧な作業工程のもと一つも不良品を出さないように
全員が神経を集中して作業にあたり、
一つ一つが最高の品質の完璧であな製品作りを
目指さなければなりません

これは、製品だけではなく社員の立ち居振る舞いに
対しても言えることです
社員の立派な振る舞いを通じて、社風にも品格が備わり
いわば手の切れるような会社とならなければならない

「六波羅蜜」を修行せよ
1、布施・・・「世のため人のため」利他の心
2、持戒・・・戒律をまもる(六大煩悩を抑える)
 六大煩悩とは
 「貧(とん)」食欲、性欲、名誉欲
 「瞋(しん)」怒りにまかせて勝手な振る舞いをし、周りに迷惑をかける心
 「痴(ち)」無知なあまりしょっちゅう不平不満を漏らし、うまくいっている人を
 見ると面白くないと妬む、卑しい心
 「慢(まん)謙虚さを忘れ傲慢になっていく心
 「疑(ぎ)」疑い深いこころ
 「見(けん)」物事をすべて邪にみる、悪いほうに解釈する心
3、精進・・・一生懸命働く 「誰にも負けない努力」 修行
4、忍辱(にんにく)・・・耐え忍ぶこと
5、禅定・・・座禅をくむこと 心をしずめる時間をもつ
6、智慧・・・5つのことを心がけているとやがて
       森羅万象を支配している宇宙の根本原理をしる
       悟りにいたる
人生の方程式の中にある「考え方」をすばらしいものに高めるために
「六波羅蜜」で心を磨いていく、心を磨いていけば会社は勝手に立派になる
それよりも、その作り上げていく過程で磨きあげた自分の人格、人間性こそが
皆さんにとって財産になります 

      

  1. 2014/09/30(火) 11:46:38|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO48 京セラフィロソフィを読んで 現場主義に徹する

現場主義に徹する

ものづくりの原点は現場にある
営業の原点はお客様との接点

「現場は宝の山」絶えず現場に足を運ぶ

勉強して身につけた知識と現場で実際にやってみて得た経験を
合わせて「できる」といえる

自分を振り返り
入社して先代から命じられたことは、工場で印刷することでした。
教わりながら自分で印刷していくうちに機械の構造、紙のこと
生産性を肌で感じることができるようになったと思います
営業に出ても お客さんの細かな要望に応えることができました
ここをこうすれば安くできますとか、こんなミシンを入れることが
できますよ・・・結構相談していただけるようなりました
今でも工場にできるだけ足を運んでいます
そして、社長に就任してからは、
どのようにして新規の顧客獲得をするのかいろいろとためして失敗の連続でした
伝票以外のビジネスにも手を出しましたがうまくいきませんでした
日創研で学びながら、コツコツと自分の強みを生かすことだけに
一生懸命になりながら、HPを立ち上げ販売チャネルをつくることだけに
専念し、PDCAサイクルをコツコツと廻し、数字をにらみつけながら
なぜ目標を達成しない?どうしたら達成できる?
学んでこれを実行すれば、問いかけも変わり、前に進みだします
ただ、4年で達成すべきところを8年かかったのはなぜだろうか?
次々に疑問、問題が浮かび上がります

  1. 2014/09/29(月) 12:56:19|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO47 京セラフィロソフィを読んで ☆必要な時に必要なだけ購入する

第4章 日々の仕事を進めるにあたって
必要な時に必要なだけ購入する
余分に買うことは無駄のもとになります。
保管場所の確保、在庫金利など余分な経費がかかります
また、使えなくなる危険性もあります
たとえ若干高くつくとしても、それを補って余りあるメリットがあります

自社においては用紙の確保があります
最近は一定のサイズに統一して用紙の確保をしています
今までは、余分に買って、またつけえるからと在庫して居ましたが
毎年決まって用紙が変色して商品価値がなくなり
紙の再生業者さんに引き取ってもらっていました
このコストを発生させないように全員で改革していきます
  1. 2014/09/26(金) 16:14:17|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO1 経営用語を学ぶ「比較優位理論」

「比較優位理論」 デヴィッド・リカード

グローバル・ビジネスや選択と集中の効果を説明

二国間の貿易において、各国が相対的に低費用で生産できる財の
生産に特化して貿易を通じて相手国から輸入すれば、両国間で
貿易をせずに自給自足した時よりも多くの利益を得ることができる

現代において GEのジャック・ウェルチ氏の経営改革の手法が
有名です
業界3番以下の事業をすべて売却して、事業の選択と集中を図りました

当社においては 印刷会社から伝票専門の印刷会社へとシフトしました
普段手馴れない仕事をするとリスクを負い、生産性が下がります
また、専門以外の知識が必要となります
お客様にとっても良くないことですね

  1. 2014/09/26(金) 10:21:10|
  2. 経営用語を学ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO46 京セラフィロソフィを読んで

第4章 日々の仕事を進めるにあたって
倹約を旨とする
出ていく経費を最小限に抑えるとこは、私たちに
できる身近な経営参加
立派な経営を継続させるには、
立派な考え方を持続させなければならない
 「現在は過去の努力の結果、将来は今後の努力できまる」
 きょううまくいったからといって、明日の保証はない
 だから「倹約を旨とする」ことが必要

自分に置き換えて 少しばかりうまくいくと財布のひもがゆるむ
自分を律する克己心が大切ですね
社長が一番長く 一生懸命に働くことが一番ですね

  1. 2014/09/25(木) 14:32:19|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No45 京セラフィロソフィを読んで

第4章 日々仕事を進めるにあたって
採算意識を高める
 全員で採算意識を高めていく
 原価意識はビス1個、ナット1個の値段を知ることから

自社において
細かく管理できていません。一人一人が自らコスト意識を高めて
行けるように指導するかが今後の大きな課題です

  1. 2014/09/24(水) 18:30:45|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO44 京セラフィロソフィを読んで

目標を周知徹底する
 目標を達成するためには、その目標が全員に周知徹底され、
全員で共有し、自分たちのものになっていることが大切。
数字が全員の頭にしっかりとはいっていて、即座にこたえられる
ことが必要
共有化により一人一人の参画意識が高められ、これが一丸となって
目標達成に向かうエネルギーとなる

自社において
5~6%の成長は予測できていますが、それ以上にはならない
なぜだろうか どうすれば今まで以上の成長をできるだろうか
そこから 全員で考え 次年度の計画に落とし込めれば
新たな局面が展開するのではないだろうか
  1. 2014/09/22(月) 16:53:27|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO43 京セラフィロソフィを読んで 

能力を未来形でとらえる

新たな目標を立てるときは、あえて自分の能力以上の
ものを設定しなければなりません

現在の能力をその目標に対応できるようになるまで
高める方法を考える
今できないものを何としても成し遂げようとすることから
からしか高い目標は達成できない

「人間の能力は未来に向かってどんどん伸びていくことを前提に
して、自分の人生を設計しなさい」
現在の自分の能力で考えて、できるかできないか判断してはいけない
自分にはすごい可能性が秘められているのだと信じて、難しいことと
あきらめずにやり抜く

自分を振り合えれば 
たやすい人生をおくるのではなく、より困難な人生をおくることを
自分自身で選択したんだと思い起こします
失敗の連続でもうこれ以上引けないところまで追い込まれながらも
何とか少しずつ成長回復してきましたが、いまだに自分で納得行ける
成長だとは思えません
より多くのお客様にご利用いただけることが自分にとってありがたいことで、
より多くのお客様のご要望にお応えできるように、日々努力することを
本分にがんばっています

  1. 2014/09/20(土) 15:43:57|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO42 京セラフィロソフィを読んで

健全資産の原則を貫く
経営は常に健全な資産状態で行われる必要があります
 不良資産を落とし、健全資産だけを残す
 お金に換えられない不良在庫、不良資産を経営者が棚卸して
 不要なものはなるべく落とすようにしなければならない
 実際のお金の流れを正確に把握する
 (不要になったものを資産として扱うと実際は現金利益がなくても
 儲かったように錯覚してしまう)
「当座買い(今いる分だけを買う)」には大きなメリットがある
 多く買うと安くなるからと買うと結局はロスを生じさせ余らせて不要になってしまう
 人間は面白いもので必要ぎりぎりの数しかないと思うと、どんなものでも
 大切に扱う

当社では印刷用紙がコストの大きなウエイトを占めています
サイズ違いで使い残しを倉庫に保管してしまうと2年後には
紙の色が変色してつかえなくなりリサイクル業者に払い下げなければ
なりません
この問題をどう解決するか
使用頻度の低い特殊紙は1サイズだけ持つようにして 他サイズを持たない
在庫量の制限をかけ、余分に紙を仕入れない 保管場所の縮小

  1. 2014/09/17(水) 16:54:25|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO41 京セラフィロソフィを読んで

日々採算を作る
・経営は月末の採算表を見て行うものではない
・毎日の数字を見て経営を行う
・採算表は一人一人の毎日の生き様が累積したもの
・月次決算は、締め後から10日以内につくることで
収益率を改善するための手をすぐに打つことができる
・採算は経営者の意志で作られる
採算がただ成り行きの数字だとすると、そこからは
経営者の意志が伝わってきません
経営というのは経営者の意志で行っていくものです
売上を増やすことも、経費を抑えることも経営者の意志で可能になる
良かれ悪かれすべて経営者の意志のあらわれです

自社を振り返り自分を振り返れば
売上に関しては月度から週に週から日に管理できるように
なりましたが、まだまだ自分の意志が働いているとは言い難いですね
もっと強く意志を持たないとより大きな目標達成はむりです
それと経費管理を毎日行う方法を考える必要があります
簡単に細分化した項目ごとにかつ集計が簡素化した形が必要です
  1. 2014/09/14(日) 19:55:51|
  2. 京セラフィロソフィを読んで
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR