伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

NO4 「成功の要諦」を読んで 第一講 心と経営 細胞一つひとつが意識をもっている

経営者としてどうあるべきか 「成功の要諦」を読みながら、また自分の人生を振り返り
多くのひとから教えていただいたことも踏まえて しっかりと心に刻みたいと思います

 「成功の要諦」を読んで 
第一講 心と経営 
細胞一つひとつが意識をもっている
不安が胃潰瘍を誘発したり、腰痛が嫌な気分を醸し出したり
意識と細胞はつながりがある


少し話は離脱しますが 数年前に内視鏡で胃の様子を見たときに
「胃潰瘍の跡がありますね」といわれ、ふと過去の「あ、あの時苦しんだ時にできた潰瘍かな」
「あの時は毎日苦しかったよね」何となく胃潰瘍のあとがいとしくおもえたりして
「あのときから比べて 精神的にタフになったよね」
「この十数年で いろいろと考え方がかわったね」
「いろいろな出会いが あったればこそだね」
「出会ったひとに感謝、出会いを求めた自分も褒めよう」

出会いがあれば別れがあります
笑顔で一生懸命に生きられた 私の姉貴のような人に
「ありがとうございました ゆっくりお休みください 合掌」
  1. 2015/01/31(土) 10:49:58|
  2. 「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO3 「成功の要諦」を読んで 第一講 心と経営 植物にも人間の意識が伝わる

経営者としてどうあるべきか 「成功の要諦」を読みながら、また自分の人生を振り返り
多くのひとから教えていただいたことも踏まえて しっかりと心に刻みたいと思います

 「成功の要諦」を読んで 
第一講 心と経営 
植物にも人間の意識が伝わる
心というものがどれほど大きな影響力があるか
実験で植物は光、音、さらには人間の意識まで反応することをとりあげられ
人間の意識の影響力が植物にまで及ぶこと、
人間の意識の影響力の大きさを不可思議であるけれど存在する


私自身は約15年前から真言宗・修験道とかかわりをいただき
体験の中で不可思議なものに対して畏敬をもっています
意識が人生に大きくかかわるであろうとは思いながらも
どれだけ活用してきたかといえば数えるほどでしかなく
日々に強く活用していなですね
この差がほどほどの結果につながっているのでしょうね
「一念」
立派な経営者になり、社員さんと共に物心共により豊かになる

sikaku-01_2014120410542370b.jpg

  1. 2015/01/27(火) 11:05:08|
  2. 「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO2 「成功の要諦」を読んで 第一講 心と経営 見える部分と見えざる部分

経営者としてどうあるべきか 「成功の要諦」を読みながら、また自分の人生を振り返り
多くのひとから教えていただいたことも踏まえて しっかりと心に刻みたいと思います

 「成功の要諦」を読んで 
第一講 心と経営 
見える部分と見えざる部分
経営には見える部分より 見えざる部分のほうが影響が大きい

見える部分 数字になる部分 
見えざる部分 理念、経営者の人生観 社風


私は 数字から、推移と対前年比、目標に対する達成度、
数字と現場の状況のギャップ、社員さんの言動から
いろいろな違和感、会社の問題を見つけようとしています
それらをどうすればいいのか 
まずは それは現象でなく真因なのか
真因だとすれば 行くべき方向に沿うにはどのようにすればよいのか
見える部分の改善はすぐに効果が期待できるし 手法も明確にしやすい
しかし、見えざる部分は、現象面であることが多く、真因の特定が難しい
また 改善していくには、時間をかけるか 変化を大きく伴い痛手を覚悟する必要がある
さらに 見えざる部分の問題は 
私自身・経営者の考え方、言動に原因があることを受け止めなければならない
私自身の考え方を真理に近づけるために何をどのように学ぶのかも求めなければならない








  1. 2015/01/26(月) 15:14:34|
  2. 「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NO1 「成功の要諦」を読んで  心と経営 人生も経営も自分の心の反映

最近ことに思うのは こころの持ち方で人は幸せにも不幸せにもなれる
いい言葉や 幸せなひとの近くにいると 自分にまで伝染します
心のありよう 物事の考え方が ことのはじまりですね

経営者としてどうあるべきか 「成功の要諦」を読みながら、また自分の人生を振り返り
多くのひとから教えていただいたことも踏まえて しっかりと心に刻みたいと思います

 「成功の要諦」を読んで 
第一講 心と経営 
人生も経営も自分の心の反映

不治の病にかかり 空襲にあいながら 出会った本から
災難に遭うもの幸せに合うのも、それはすべて心次第であり、本人が持っている心のままに
境遇はつくられるものだ
予想もしていなかった京セラの成功も「心の作用」というものが如何に大きな力を
持っているか

自分を振り返って ことの大小はありますが 
心の持ちようによって
自分の周りの人がだんだんと変わっていきます
花には 蝶が うんこには 蠅
金欲には 詐欺師
救いには 師 
試練には 成長 
意志ある計画は達成する
不思議なことに思えます

sikaku-01_2014120410542370b.jpg



  1. 2015/01/23(金) 13:53:02|
  2. 「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (62)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR