伝票印刷のとんちゃん奮戦記

「伝票工房」を運営するとんちゃんの気付きと経営の学びの軌跡

「意見が飛び交う会社」を目指して 

私たちは 毎日 交換日記風の日報をやり取りしています

交換日記風日報を 始めたのは 6年も前になります

その時は 営業制作のメンバー3名とだけ始めましたが

今では 正社員8名全員と交換日記をしています

内容もレベルに合わせて 変化をさせながら取り組んでいます

やり続けてみて 「日々の行動がわかりやすい」「意識がどこにあるかがわかる」

それに対して 「アドバイスをすぐに与えること」ができたり

「提案をすぐに実行すること」ができます

社員さんも 「日々 リフレクションすることで 大いに気づきが生まれます」

本当に 少しづつですが 積み重ねが大切ですね

6年前に 始めた女性スタッフは 今では私の片腕になり

管理職として 活躍してくれています

交換回数 6年×250日=1500回 この回数が私たちの力です

伝票印刷 会議中



  1. 2017/06/29(木) 09:21:47|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人財育成がされていないから 理念が浸透しない 差別化戦略が実行されない 利益が出ない

人財育成がされないから 理念が浸透しない 差別化戦略が実行されない 利益が出ない

昨日 経営の仲間の勉強会に出席してきました

講演で 人材育成に 取り組み成果を上げている社長の話を聞かせていただきました

「人材育成が 進まないと 理念浸透 差別化戦略の実行がなされない」

自社が今一つ 成長をしない 原因が 「人材育成」にあるなと実感することができました

それは、TOPが 人材育成に対する 「覚悟」があるかです


sikaku-01.jpg



  1. 2017/06/27(火) 08:49:31|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本当に苦しい時期を乗り越えて そして歳を重ねて 思いたいことは「生きていてよかった」

心理学ハコミセラピー講習会での出来事です

受講生同士で セラピーの練習をしていて

私がクライアント役でセラピーを受けていると

出てきた言葉が 「生きていてよかった」 

言った 本人もびっくり (^_^;)

「命の叫び」 

神仏は時に 無慈悲に 思えるような 厳しさに 直面させることがあります

ただし 必ず 「大切な縁」に出会わせてくれます

その縁を 大切に 踏ん張ることが できて

乗り切って しばらくすると 周りに対する感謝の念が 湧いてきました 

毎年 同じ時期に おなじ神社 お寺を参拝すると

今年も 参拝できたことに 感謝の気持ちが 湧き

この恩を 申送りすべきことに 気づかされます

14.jpg


 
  1. 2017/06/26(月) 10:59:13|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

06/22のツイートまとめ

HShiraishi54

希望どおりに いっていないから もっと 行動しようかな https://t.co/EhahqjJ4ct
06-22 07:49


  1. 2017/06/23(金) 04:21:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝票でも束見本が必要なものもあります

伝票にも束見本が必要なものもあります

意外ですか?

束見本は、通常本をつくるときに

製本の仕方などを仕上げを確認するために作ります

伝票も 特殊な製本を必要とする場合がありますので

束見本をつくることもあります

本になったもの 冊子になったもの

用途によっては 本、冊子になった伝票も作ります

http://www.denpyo-koubou.com/
  1. 2017/06/22(木) 18:29:25|
  2. 伝票工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーム学習をどう社内に取り入れるか?

チーム学習をどう社内に取り入れるか

1、テーマを何にするか (着想) 

  「在り方」 なぜそれをテーマにするのか?   

  現状把握と未来予想(どうありたいのか)

2、どのようにやるのか (連想)

  「やり方」 どのようにすればよいか

3、顧客にとて どのようなメリットがあるのか (予想)

4、自社においてのメリット さらにそのように改善・改革すればいいだろうか (発想)


  1. 2017/06/22(木) 08:53:21|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理念経営とそろばん

理念経営とそろばん

理念経営の難しさは、

経営者がぶれてしまうこと

指示が どちらにも取られる 指示を出してしまうこと

指示が 正しく社員さんに伝わらないこと

「在り方」と「やり方」を考えると 

私の場合 まだまだ 理念経営できていないと感じています

ぶれている 強い意志が持てていない感じです

「在り方」、定性、定量目標をしっかりと伝える前の段階が

揺らいでいる感じですね

  1. 2017/06/21(水) 10:33:18|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動反応 

自動反応 

人それぞれ おなじ刺激を受けても 人それぞれが 固有の反応を示します

さらに 同じ人でも その時の 健全度が違えば異なった 反応を示すので

とても自覚するのが難しいように 感じます

健全度(やる気、目標が明確な時、視座が高い)が高い時は

出ない反応でも

健全度が低い時(疲れてやる気が薄れている、目標が明確でない、視座が低いなど)は

自動反応が マイナスに出てしまいます

私が 健全度が 低いと 「めんどくさい」という言葉が出てきます

「めんどくさい」という言葉が出たときは 「私は 今 健全度が下がっている」と

自覚できれば 修正がききます

あなたの口癖、自動的にする反応は なんでしょうか

すぐに怒りの感情がわきます 他人を責める言動、言葉が出ます


銘文




  1. 2017/06/20(火) 10:54:31|
  2. 備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/18 日曜日 研修を終えて 研修報告書を書く 机の周りの整理・整頓

CCL研修を終えて 研修報告書をまとめながら 

机の整理整頓をしています

「断 捨 離」 今まであまり意識してこなかったことです

断:これまでの時間の使い方 細かく時間管理する すべきことを明確にする

捨:たぶん読むことのない書物 これからも読むべき書物との分離につなげる
  整頓できない物事は、捨てる (整頓する)

離: 自動反応の中で自己顕示欲・知的であると見せる自分・人と比較する自分




  1. 2017/06/18(日) 11:52:09|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「実修実証」湯乃口講師から教えていただいたことから始めて、今後に伝えるために

今回 CCLでの学びを通して、これまで学び実修したこと、これから実修実証してきたことを
綴っていきます

私自身が 忘れないための 備忘録として
後進のために
私たちの会社の社員さんのために



  1. 2017/06/17(土) 10:13:38|
  2. 実修実証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

伝票印刷 代表 白石 裕聡

Author:伝票印刷 代表 白石 裕聡
伝票工房のとんちゃん こと代表の 白石 裕聡 です
「伝票」ルールだから使っている。指示されているから使っている。
でも「伝票」てえらいやつです。商品と一緒に動き、お金と一緒に動き、記録し、保管し、チェックまでするんです。
「伝票」がちゃんと運用されれば、不正を防止し、企業の透明性を高めます。一対一の対応が大切です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
伝票工房 (137)
テニスのおじさま (3)
学んだことを実業に落とし込むことの検証 (0)
WEB3.0の世界へ (2)
経験者が語るインターネットでのビジネス (2)
京セラフィロソフィを読んで (13)
経営用語を学ぶ (1)
現場力を鍛える  遠藤功氏著 東洋経済新報社 (33)
PDCAマネージメントサイクル (0)
「成功の要諦」稲盛和夫著 致知出版社 (51)
菜根譚を読んで  (13)
陀羅尼業 (0)
業績向上委員会 (1)
備忘録 (2)
実修実証 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR